世界中で使えるクレジットカード

世界中で使えるクレジットカード

国際ブランド

全世界に加盟店があって、どこの国でも使えるクレジットカードは、以下の 5 種類です。

  • JCB
  • ビザ VISA
  • マスターカード MasterCard
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

これらは、国際ブランドとも呼ばれます。

日本のクレジットカードのうち、国際ブランドは JCB だけになります。

現在では、ほとんどのクレジットカードが国際ブランドと提携しているので、クレジットカードの表面に国際ブランドのどれかのマークが記載されていると思います。

そして、そのクレジットカードは、世界中どこの国でも使うことができます。

国際ブランドの条件

国際ブランドになるには、3 つの条件があります。

  1. 海外で加盟店を獲得できる
  2. 各国間の信用決済システムが構築されている
  3. 24 時間の承認体制が整備されている

これらの基準を満たすクレジットカードは 5 つしかありません。

国際ブランドのシェア

5 つの国際ブランドのうち、ビザ VISA とマスターカード MasterCard が全体の 8 〜 9 割を占めていて、残りを JCB とアメリカンエキスプレスとダイナースクラブで分け合っています。

国際ブランドは世界中どこでも使えますが、以下のようにそれぞれ強い地域や国があります。

国際ブランドのシェア
国際ブランド名 強い地域や国
ビザ VISA アメリカや東南アジア
JCB アジア
マスターカード MasterCard ヨーロッパやアフリカ
アメリカンエキスプレス アメリカ
ダイナースクラブ

国際ブランドの 2 つの特徴

5 つの国際ブランドは、2 つの特徴により分類することができます。

  1. 決済システムの構築に力を入れているカード
    • ビザ VISA
    • マスターカード MasterCard
  2. 旅行やエンターテインメントに力を入れているカード
    • JCB
    • アメリカンエキスプレス
    • ダイナースクラブ

日本で国際ブランドが普及するまで

1980 年代中盤に、日本では海外旅行ブームが起き、国際ブランドが普及しました。

1987 年以前のビザ VISA とマスターカード MasterCard の日本の発行権は、それぞれ以下の銀行系クレジットカードが持っていました。

  • ビザ VISA
    • VISA ジャパングループ(住友クレジットを中心)
  • マスターカード MasterCard
    • ユーシーカード UC
    • ミリオンカード MC
    • ディーシーカード DC

1987 年にビザ VISA は、以下のノンバンクにもライセンスを与えます。

  • 日本信販
  • セゾン
  • オーエムシー OMC

その後、ビザ VISA とマスターカード MasterCard の両方を発行できるデュアル発行が一般的になりました。

国際ブランドとフランチャイズ制

フランチャイズ制とは、「メンバー(金融機関など)に、イシュアー(クレジットカード発行会社)とアクワイアラー(加盟店契約会社)の権利を与えること」です。

  • ビザ VISA とマスターカード MasterCard
    • フランチャイズ制
  • アメリカンエキスプレスとダイナース
    • 自社でクレジットカード発行と加盟店契約
  • JCB
    • 基本的には、自社でクレジットカード発行と加盟店契約
    • 一部フランチャイズ制