クレジットカードの系列

クレジットカードの系列

クレジットカードの系列による分類

クレジットカードは、系列の面から 4 種類に分類できます。

  1. 銀行系クレジットカード
    • JCB や DC や UC や三井住友など
  2. 信販系クレジットカード
    • NICOS やオリコやジャックスなど
  3. 流通系クレジットカード
    • セゾンやイオンや OMC など
  4. メーカー系クレジットカード
    • トヨタや出光など

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードは母体が銀行であることもあって、発行枚数が最も多くなっています。

以前は銀行系クレジットカードでは分割払いができなかったのですが、現在は可能です。

信販系クレジットカード

信販系クレジットカードは一般に、銀行系クレジットカードに比べて入会時の審査が少し緩やかです。

流通系クレジットカード

流通系クレジットカードは、デパートなどでのポイント付与や割引の特典が付いているのが特徴です。

例えばイオンカードであれば、毎月 20 日にジャスコでも買い物が 5 % 引きになります。

メーカー系クレジットカード

メーカー系クレジットカードは、マイレージやキャッシュバックなどの還元が受けられ、しかもその還元率が高いことが特徴です。

クレジットカードの系列による稼働率

クレジットカードの稼働率とは、「全発行枚数のうち、年に 1 回以上使われる枚数の割合」のことです。

銀行系クレジットカードの稼働率は 20 ? 30 %/流通系クレジットカードの稼働率は 50 ? 60 % と言われます。

流通系クレジットカードは、近所のスーパーで日常的に使われることが多く、高い稼働率を示しています。

特に、イオンカードの稼働率は 60 % を上回っています。