クレジットカード会社の学費ローン

クレジットカード会社の学費ローン

2009 年までは銀行による学費ローンが主流でしたが、12 月 1 日に改正割賦販売法が施行されて、金融機関が学費ローンを手掛ける際の事務手続きが煩雑になったため撤退する銀行が相次ぎ、クレジットカード会社の進出が目立つようになりました。

例えば、セディナ(旧 OMC カード・旧セントラルファイナンス・旧クオーク)は「学資クレジット」の名称で、学習院や大阪音楽大学など数十校と提携しています。

融資額や利率などは学校法人により異なりますが、限度額はほぼ 500 万円以内で、利率は 4 〜 5 % のようです。

また、返済方法には 2 種類あります。

元利均等分割返済
毎月の元金と利息の合計が同額になるように返済する
据置型分割返済
在学中は金利のみを支払う

融資額の平均は前後期各 70 万円の年間 140 万円で、元利均等分割返済と据置型分割返済の比率は 6:4 だそうです。