クレジットカードの契約の仕組み

クレジットカードの契約の仕組み

クレジットカードの契約による分類

クレジットカードは、契約の面から 2 種類に分類できます。

  1. 自社割賦契約
  2. 第三者クレジット契約

自社割賦契約

自社割賦契約は割賦販売契約とも呼ばれ、以下の二者の間で契約が結ばれます。

  • 消費者(購入者)
  • 販売店

具体的には、次のような流れになります。

  1. 消費者が、販売店に商品の購入を申込む
  2. 販売店が、消費者に商品を引渡す
  3. 消費者が、販売店に代金を分割払いする

デパートや専門店などの小売業者が自社で行う信用販売で締結され、以前は自社割賦契約が主流でした。

第三者クレジット契約

第三者クレジット契約は割賦購入斡旋契約とも呼ばれ、以下の三者の間で契約が結ばれます。

  • 消費者(購入者)
  • 販売店
  • 信販会社

三者の間では、それぞれ以下の契約が成立します。

第三者クレジット契約
契約名 当事者
販売契約 消費者と販売店
加盟店契約 販売店と信販会社
立替払契約 信販会社と消費者

具体的には、次のような流れになります。

  1. 消費者が、販売店に商品の購入を申込む
  2. 販売店が、信販会社に消費者の信用調査を依頼する
  3. 信販会社が、消費者の信用を調査する
  4. 信販会社が、消費者に電話で確認する
  5. 信販会社が、販売店に立替払いの承認を通知する
  6. 販売店が、消費者に商品を引渡す
  7. 信販会社が、販売店に代金を一括払いする
  8. 消費者が、信販会社に代金を分割払いする

第三者クレジット契約は個品割賦(ショッピングクレジット)や総合割賦(カードショッピング)やローン提携販売で締結され、現在の主流です。